自動車保険(任意保険)のお話

 車社会の山梨県ですが、自動車にお乗りの皆様、任意保険に加入されておりますでしょうか。

 交通事故を取り扱う専門家である弁護士の視点から、任意保険のお話をいたします。

 

1 そもそも任意保険が必要かどうか

 自動車には、強制保険(自賠責保険)が付いています(なお、自賠責保険に加入していない場合には犯罪となります)。

 しかし、自賠責保険は、人的損害(相手方の怪我による損害)のみ対応するものです(すなわち、相手方の修理代等の物的損害は補填されない)。さらに、自賠責保険は上限があります。例えば、相手に怪我をさせてしまった場合で、被害者に後遺症がなかった場合には、上限額は120万円です。「120万円あれば十分では。」と思われたかたもいらっしゃるかもしれませんが、このような事案で相手方への賠償額が120万円を超えることも多々あります。

 また、相手方に後遺症があった場合には、その賠償額は億を超えることもあります。この場合、自賠責保険では到底満たないこともあります。

 このように、自賠責保険では不十分であるところ、任意保険は必須であると考えます。

2 任意保険で最低限必要なことは?

 任意保険で最低限必要なことは、①対人賠償保険(相手に対する怪我等の人的損害に払われる保険)、②対物賠償保険(相手に対する修理代等の物的損害に支払われる保険)、この2つを「無制限」にすることは、最低限必要です。対物賠償保険には上限額を定めたものもございますが、無制限は必須と考えます(事故で構造物に損害を与えてしまった場合、上限額を超えてしまうことはあります)。保険会社や等級によりますが、対物賠償保険を無制限にした場合と上限額を定めた場合、支払い保険料はさほど変わらないのが一般的です。

 以上のとおり、①対人賠償保険の無制限、②対物賠償保険の無制限、この2つは必須と考えます。

3 その他有益な特約は?

 私の独断と偏見で、有益な特約を優先順位を付けてご紹介すると

① 人身傷害保険特約

 自動車事故で自分が怪我をした場合、自分の保険から治療費等が支払われるもの。

② 弁護士費用特約

 事故等で相手方に損害賠償を請求する際、その弁護士費用が保険から支払われるもの。

③ 車両保険

  自分の自動車に損傷等が生じた場合、自分の保険から修理代等が支払われるもの。

と考えております。

 特に①の人身障害保険は重要と考えますので、項をあらためてご説明する予定です。

 本日も当事務所のブログをご覧いただき、ありがとうございました。