どこ(県内?県外?)の弁護士に依頼をすべきか

ここ数年の間、テレビCMやラジオCM、新聞広告やポスティングチラシ等で、県外の弁護士・法律事務所の宣伝がなされています。
 
では、どこの弁護士に依頼すべきでしょうか?
これは、もちろん依頼者の方がお決めになる事項ではございますが、私の考えは、基本的にはアクセスの容易な身近な弁護士にご相談、ご依頼をされるべきと思います。
それは、次の理由からです。
 
弁護士になり8年目、法律事務を日々扱っていると常々思うことがございます。
それは、法律事務は、オーダーメイド服の「フルオーダー」に近いということです。
 
フルオーダーとは、テーラー(洋服を作成する職人さん)が、お客様のご依頼内容を綿密に聞き、寸法を一つ一つ測り、仮縫いを行い、そのお客様の体型に合わせ、世界に1着しかない服を作り上げていく手法です。
法律事務も、弁護士が、依頼者・相談者の方のご依頼内容・疑問点・問題点等を打ち合わせを重ね解決し、手法を選択し、事件の予測を立て、その依頼者の方に合わせ、ベストな結論を導くものと思っております。
 
このように、法律事務を扱うに当たっては、弁護士と依頼者の方がともに「フルオーダー」の服を作り上げていくように処理をすべきと考えております。
そうすると、アクセスが容易でないと、なかなか「フルオーダー」の服は作りにくいと思います。
 
よって私は、アクセスの用意な身近な弁護士にご相談、ご依頼をされるべきと思います(もちろん、依頼者の方と弁護士との間の信頼関係や、弁護士に能力があることは前提)。
なお、テレビCMをする弁護士が優秀である保証はありません(疑問に思うのですが、なんでその弁護士は、わざわざ県外からテレビCMを打たないとダメなの?)
 
当事務所は、このような考えから、県外の方のご依頼を受けることは原則お断りしております(勤務先が県内であったり、甲府地裁に係属するような事件であったり等の例外の場合は除きます)。
 
一方、私は、山梨県民の皆様にとって「アクセスの容易な身近な弁護士」で有り続けたいと思っております。
山梨県民の皆様のお役に立てるよう、日々研鑽を続けたいと思っております。