交通事故に遭ってしまった場合、いつ法律相談すべき?

交通事故に遭ってしまった場合、いつ、どの時点で法律相談をすべきでしょうか。

ご覧いただいている方の中には、「相手との示談交渉がこじれたとき」とか「相手方の保険会社から何か提案があったとき」と思われている方もいらっしゃるでしょう(現に、その時点で初めて法律相談に来られる方も多くいらっしゃいます)。

しかし、その答えは、「なるべく早めに法律相談を」というものです。

 

交通事故に遭ってしまった場合、気が動転して、場合によっては怪我をしてしまっているでしょう。

体に少しでも違和感を感じたら、まずすべき事は病院での診断です。その際、診断書を取得しておく方が良いでしょう(後の証拠とするため)。

そして、怪我の状態等で法律相談が難しい場合は別ですが、法律事務所等に出向くことが可能であれば、なるべく早めに法律相談に行かれることをお勧め致します。

 

その理由は次のとおりです。

はやめにご相談頂けた場合には、今後の通院のときの注意点や、治療終了時の注意、相談時点で用意をすべきもの(たとえば事故車の写真等)等を、ケースにあわせてアドバイスできます。

しかし、ご相談が事故から遅れた場合には、本来すべきであったことについては、時既に遅くアドバイスが出来ない状態になっていることもあります(もちろん、その時点ですべきこと、出来ることについてアドバイス致しますが)。

 

よって、「まだ、相手から何も提示がないから」とか「治療が一段落してから」ではなく、「とりあえず聞いておくか」という感じで構いませんので、なるべく早めに法律相談して頂くことをお勧め致します。

 

当事務所においても、交通事故当初でのご相談を数多くお受けしております。

ご契約頂いている任意保険に「弁護士費用特約」を付されている場合、無料相談が可能です。

これら費用の点を含め、疑問がございましたら、当事務所まで電話頂ければ、ご説明申し上げます。まずはお電話下さい。