はじめまして

はじめまして。
井上法律事務所弁護士の井上昌幸と申します。

私は、東京都板橋区で生まれ、28歳まで板橋区にて育ちました。
平成17年の旧司法試験に合格し、第60期司法修習生として、修習(研修)を始めました。

その実務修習の地が、山梨となりました。
私は、修習で山梨に来るまでは、山梨は縁もゆかりもないところでありました。修習当初は、東京に戻って弁護士をする予定でした。

しかし、山梨県で修習を行っていくうちに、山梨の皆様に暖かく迎えていただき、徐々に山梨県の魅力にとりつかれてきてきました。

修習後期になると、私は「山梨県で弁護士をすることが、私の幸せに繋がる。」と感じ、山梨県で弁護士をすることを決意しました。
当時修習中にお世話になった法律事務所の所長にそのことを相談すると、快く引き受けていただき、平成19年9月、私はその法律事務所で弁護士として登録することができました。

平成20年9月に独立することを決意し、現在の井上法律事務所を立ち上げることと致しました。当時所属していた法律事務所の所長弁護士にも快諾して頂き、私は井上法律事務所を立ち上げることができました。

このように、縁もゆかりもなかった山梨県に対し、徐々に縁とゆかりができてきました。

現在では、山梨に骨を埋めるべく(根っからの山梨県人の妻と結婚しました)、日々楽しく生活し、また研鑽させて頂いております。

山梨の皆様から多大なご助力くださって、現在の私がいると思います。
今後も、山梨の皆様にご恩をお返しすべく研鑽し、努力して参る次第でございます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。